Top / チェーン【news】ゲーム情報の提供や編集でゲーム代が無料に!

チェーン

ãÂÂËえでさん、ちるちるさん、みーこさんと同様、子どもの頃、親のお金に手を出したひとりです。私の場合はかなり程度がひどく、親のお金から万引きへとどんどん発展しました。なぜそんなことをしたのかは、わかりません。ただ、最初は「あれが欲しい」と思ったときに、親の財布が入ったバッグが手の届くところにあった、というだけです。ですから、金庫で対策されているのは正しいと思います。お金が手に入らなくなると、万引きへと走ります。これはスポーツをしていてもなんの解決にもなりません。私も中学時代はスポーツに熱中していましたが、万引きが納まることはありませんでした。何度か親に見つかり、その度に殴られて髪の毛つかんで振り回されたりもしました。そのときは「もう二度としない。絶対に」と、反省も決意もするんです。でも盗めるかも・・・という状況になると、誘惑に負けるんです。病気だと言われればそうかもしれません。でもカウンセリングに通っても治るものだとは思えません。私が誘惑に負けなくなったのは、お店で捕まって警察に通報されたときのことです。当然、家に帰ってから母にお説教されました。が、そのときはそれまでの感情に任せた怒りの説教ではなく、「このままだとあなたの人生はダメになる。この先、学校を卒業して、就職が決まったときにまたこのクセが出れば、もちろん就職はなくなるし、刑務所に入らなければならなくなるかもしれない。警察に捕まったその履歴は一生消せない。一生、死ぬまであなたの人生についてまわるんだよ」と静かに話をされただけでした。そこで、私はもう本当に二度としないと自分に誓いました。その後も誘惑は何度も襲ってきましたが、負けたことは一度もないです。もう40歳手前ですが、今でも誘惑に襲われることはあ£‚Šã¾ã™ã€‚でももう二度と負けることはないでしょう。言い切れます。きりんさん、今は辛いでしょう。私の母も、私を殺して自分も死のうかと何度も思ったそうです。でも次男さんのぁŠæ¯ã•ã‚“はあなたしかいないです。まっすぐ次男さんを見て、向き合って、お話してあげてください。誰が何を言うより、きりんさんの言葉が次男さんの心に響くと思います。


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-03 (月) 07:31:21
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK